FCオーナーご紹介

オーナーになるまでのストーリーは、まさに様々です。ここでは先輩経営者のインタビューをご紹介します。

木戸様_2
プロフィール

2005年12月 入社
経験職位:統括MGR
前職:ホテル、ラーメンチェーン、店舗に勤務しオペレーションの改善、など

EGG BOARD アピタ岡崎北店

間隔_白画像
エッグボードで独立の道を目指した(選んだ)理由は?

もともと中学時代に、お店(本屋)を持ちたいという漠然とした想いがありました。

何度か転職をする中で飲食店でお店を持ちたいという想いが強く確信になり、目配り気配り、間のタイミングなど、

ホテルで働いていた経験を活かせる、レストランサービスができる業態が良いと思いました。

エッグボードは、調理にある程度の技術や経験が必要になるため、盛りつけるだけや温めるだけの調理に魅力を感じていない私にとっては、うってつけの場所でした。

また、サービスだけ、調理だけ、運営管理だけのチェーンとは違い、完全にオーナーシェフとして店舗運営が出来る業態なので、私に向いていると感じました。

間隔_白画像
木戸様_3
間隔_白画像
独立後の心境は?

夢が叶う喜びと初めての事に挑戦するワクワク感とドキドキ感。

5〜6年前に社内で独立準備の承認がいただけ、いつそのようなタイミングが来てもいいように、

心の準備、資金の準備、その他の知識、準備も同時に行っていました。

間隔_白画像
この仕事(フードビジネス)のやりがいは?

・日々同じように感じるが、常に違いがあり、新たな発見、気づきがあること。

・自分の好きがいっぱい詰まってる点。
 お客様との距離が近い、笑顔や喜びを感じやすい。ダメな時の感覚も感じやすい。結果が分かりやすい点、人と出会い、日々の変化、日々の緊張感。

・自分の楽しいがいっぱい詰まってる点。
 自分自身の成長、お店の成長、仲間の成長など、日々の仕事の中に、気づき、発見、改善、成長が感じやすい。

間隔_白画像
木戸様_4
間隔_白画像
エッグボードのオムライスの魅力は?

一つ一つ手作りであること。手作りの味、あたたかさ、情熱を注ぎ込む事ができること。

エッグボードのオムライスはいつでも出来たてアツアツ、卵はふわふわとろとろ、ご飯はしっとりサラサラで、盛りつけも美しく、

見ててとても美味しそう!食べてもやっぱり美味しい!そんなオムライスです。

常に向上心をもって取り組むことで成長が出来、調理マニュアルや基本はありますが、その都度微妙に違いが生まれることも魅力です。

間隔_白画像
今後の展開(計画/目標)は?

目的
『ありがとう』があふれるお店にすること。お客様に愛され、従業員に愛され、地域に愛されるお店にする。

計画
まずは1店舗に情熱をそそぐ。2〜3年で店舗状況、社会情勢、人との縁を大切にベストの対応をする。店舗の買い取り、多店舗展開、路面店出店、法人など。

目標
【1店舗の売上げUP】 2年後、月間100万UP。日の売上げ3万UP。【健全な店舗運営】利益の確保、人材確保、指導、日々QSCの改善、向上など。
素直、謙虚、コツコツ実践、誠実、感謝を胸に日々仕事と向き合う。受け止める。2〜3年後、5年後、10年後の為に今日を大切に、今を大事に最善を尽くす。

間隔_白画像
木戸様_5
間隔_白画像
エッグボードで独立開業を目指す方へ  - メッセージ -
木戸様_6

【これからエッグボードで独立を目指す方へ】

飲食が好き、調理が好き、接客が好き、人が好き、マネジメントが好きなど『好き』が多い仕事に出会え、それが天職かもだと感じることができる方。

自らの使命感で学び、経験し、向き合い、受け止める事で自己啓発が出来る方。

私はエッグボードでの独立に向いていると思います。

一度お店に来てください。そして感じてください。何か感じる物があれば、一緒に夢を実現させていきましょう!

学歴や経験よりも、今を大切に修行し、これからの人生で充実させていきましょう!

間隔_白画像
ページトップへ